神道大教と教え

神道は自然発生的な宗教のため、国家制度や民俗宗教と深く関わりながら展開してきました。
学派・流派が形成され、近代になると教団化した教派神道、神道系新宗教が出現しました。
その教派神道の一つが神道大教です。

教派神道の中心的存在である神道大教

神道大教は神道事務局の系譜を受け継ぎ、初代総裁に有栖川宮幟仁親王殿下を、初代管長に旧淀藩藩主の稲葉正邦卿がご就任されました。
この時は単に「神道」と称しましたが、昭和15年の宗教団体法施行に伴い「神道大教」と改称されました。

神道事務局内の神霊を祀る御神殿を「大教院」と呼びます。明治6年教部省より神仏合同の中央機関として設立された「大教院」に由来します。
御祭神は明治天皇の御勅裁により宮中所斎の「天神地祇・賢所・皇霊殿」の御神霊をお祀りしています。

御祭神

御神名ごしんめい
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
高皇産霊神たかみむすひのかみ
神皇産霊神かみむすひのかみ
伊邪那岐神いざなぎのかみ
伊邪那美神いざなみのかみ
天照大御神あまてらすおおみかみ
天津神八百万あまつかみやおよろず
国津神八百万くにつかみやおよろず

沿革

西暦年号月日出来事
1870明治3年1月大教宣布、神祇鎮際の詔を発し給う
1873明治6年5月21日麹町紀尾井町紀州長屋に仮大教院が設けられる
1875明治8年3月28日神道事務局創立す
1811明治14年2月3日祭神論争のため神道大会議を開く
2月神道葬祭に一品有栖川幟仁親王御就任
4月神道事務局有楽町より駿河台北甲賀町に移す
1884明治17年10月13日稲葉正邦卿神道事務局管長に就任(初代)
1886明治19年1月18日神道事務局を(神道)本局と改める
1889明治22年1月神道事務局を京橋区築地の稲葉邸に移す
1894明治29年11月本局、麻布笄町に神殿及び事務所を造営移転する
1898明治31年11月1日従三位稲葉正善卿管長就任(二代)
1902明治35年6月9日従二位本多康穣卿管長就任(三代)
1909明治42年3月明治天皇より金杯を下賜される
1914大正3年1月従二位長谷信成卿就任(四代)
1925大正14年3月16日神崎一作管長就任(五代)
1937昭和12年8月神崎管長朝鮮、満州を巡教す
1939昭和14年4月林五助管長就任(六代)
1940昭和15年3月28日「神道」を「神道大教」と改名
1945昭和20年5月25日戦災のため境内建物全焼失
10月2日森田作次管長就任(七代)
1946昭和21年3月28日宗教法人「神道大教」となる
1953昭和28年8月31日神道大教院宗教法人認証される
1960昭和35年10月20日神道大教院本殿完成
1964昭和39年9月25日品田聖平管長就任(八代)
1974昭和49年8月9日宣教殿火災に遭い書類焼失
1978昭和53年10月21日弥栄殿造営、神道大教設立百年祭執行
1981昭和56年3月大教院霊殿造営竣功
1993平成5年3月5日大森徳春管長就任(九代)
1999平成11年3月15日板倉信之助管長就任(十代)
3月29日教則の一部管長任期を変更す
2004平成16年7月尾立聖兆管長就任(十一代)
2009平成21年5月木村剛正管長就任(十二代)
2017平成29年5月菊池重敏管長就任(十三代)

*神道大教要論より抜粋加筆

経典

・神道要旨
・教之鏡
・神道大教要論

四大信条

第一条 天徳
第二条 地恩
第三条 清浄
第四条 光明

神道大教の秋風景
東京都港区西麻布に御鎮座する大教院