【結論】初穂料を渡すタイミングやのし袋の水引は何でもいい

境内の水仙

地鎮祭の初穂料ののし袋と渡すタイミング

のし袋と渡すタイミングについて

「地鎮祭の時に使う祝儀袋は何を使えばいいの?水引はどうしよう?印刷したものでもいいのかしら?時間が無いから封筒でもいいかな」「初穂料、ご祈祷料、お車代、神饌料って何を書いたらいいのかな?」「初穂料はいつ渡したらいいんだろう?後?先の方がいいのかしら?」

 

こういったお悩みを耳にします。人にお金やプレゼントを渡す時はタイミングが重要で悩みますよね。でも、もう悩まなくて大丈夫です。

 

今回の記事の内容

  1. 地鎮祭で渡す初穂料ののし袋について
  2. 表書きの書き方について
  3. 初穂料を渡すタイミングについて

 

のし袋について

のし袋、または祝儀袋ともいいます。「のし袋」と「祝儀袋」の使い分けは特にありませんが、お目出度いのはご本人ですし、初穂料は神社へのお供えなので、「のし袋」という言い方で良いと思います。一般的にものし袋と言うことの方が多いようです。

 

印刷されたタイプ、きちんと水引があるタイプのどちらがいいか?

印刷されたタイプでも、きちとした水引と中袋があるタイプでも構いません。最近の傾向では、のし袋は水引やのしが印刷されたタイプが多くなりました。しかし、せっかく地鎮祭をされ日本の古来から伝わる文化習慣に触れる機会ですから、印刷されていないのし袋をお勧めします。

 

水引はどの種類がいいか?

結論から言うと、施主さんの考え方次第で選べばいいでしょう。地鎮祭の場合、何度あってもお目出度いことなので蝶結びの水引を選びます。また建てる家が火災や地震に遭わないことを願って結び切りやあわじ結びにしてもいいでしょう。

水引3種類

水引は3種類あります。蝶結び(写真左)は簡単に解けるため、何度あってもお目出度い祝い事に使用します。結び切り(写真中央)は、しっかり結ばれているため結婚など一度きりの祝い事に使われます。あわじ結び(写真右)は結び切りの一種で、一度きりのお祝い事に使用されます。

 

表書きの書き方

表書きは「初穂料」または「玉串料」と書きます。「ご祈祷料」「祭祀料」という言い方がありますが、のし袋を使用することを考えると、「初穂料」「玉串料」が適切だと思います。初穂料と別に神職にお礼を包む場合は「神饌料」「お車代」など別の封筒を使って書きます。

「御初穂料」でも「初穂料」でもどちらでも構いません。丁寧な感じがよかったら「御」を着けますが、字が苦手な方は「御」は意外と難しいので「初穂料」でもいいと思いますよ。

のし袋表書き

水引の下に初穂料を納める人の名前を記入します。通常は施主が一名ですので、初穂料と同じ列に初穂料よりやや小さめな字で記入します。連名の場合は中心線を挟んで書きます。同じ名字の場合は省略して構いません。企業の場合は、会社名と役名は小さく書き、会社名で一行使います。代表者の名前と初穂料が同一列上になるように書きます。

できれば筆ペンの方がいいでしょう。筆ペンが苦手の方が多いと思いますので、筆ペンでもフェルトペンでもどちらでも構いません。ボールペンは文字が細くなるので、のし袋や祝い事には不向きです。

 

よく使う漢数字をまとめました。仟はこざとへんの千も使います。

よく使う漢数字

初穂料を渡すタイミング

正直な話、地鎮祭の前でも終わった後でも構いません。地鎮祭の前に頂いた場合は、初穂料をお供えします。地鎮祭の後ならばすぐに車に仕舞えるので安心です。

当社の場合、今まで多いのが、地鎮祭が終わって車に戻った時に初穂料を頂くことが一番多いです。次には、直会が済んで祭壇の前でくつろいでいる時に頂きます。地鎮祭が始まる前に頂いた場合は、祝詞の中に「礼代の幣帛を捧げ奉りて」と言葉をいれ奏上しております。

 

追記

最近はインターネット調べられるせいか、正解を探して正解通りにしようと悩む傾向が強いような気がします。これは神事にも当てはまりますが、神事に正解はありません。どのように考えてどう行動するかが大事です。のし袋も同じように、ご自身の気持ちを大事に選んでみてください。そうした方がもっと楽しく地鎮祭を受けられると思います。

当社の出張祭典は少しでも神様を身近に感じて頂くために、くつろいだ雰囲気で進行するように努めています。そのため「楽しかった」と感想を頂くことが多いです。のし袋についても気持ちが込めやすいようなタイプをご使用ください。

 

人気記事暦を見れば自分に合う地鎮祭の日取りが分かる【難易度高め】

人気記事これで安心!厄年の過ごし方と自分でできる厄祓い